新専門医制度について

 

  • 宮崎県医師会主催「専門医共通講習会」開催状況

  ★★★専門医共通講習会 開催一覧(29.11.20更新)★★★随時更新

 

 

  • 新専門医制度について ①これまでの経緯

 これまで、医師の専門性に係る評価・認定については、各領域の学会が自律的に独自の方針で制度を設け運用してきました。

 しかし、各学会の専門医の認定基準が統一されておらず制度間のばらつきがあり、また国民にとって必ずしも分かりやすい仕組みになっていないとの指摘がなされてきました。

 今回、国民目線に立ったうえで、医師の質の一層の向上を目指すことを目的とし、さらには医師の偏在にも配慮しながら専門医の仕組みを見直すこととなりました。

 平成23年10月に「専門医の在り方に関する検討会」が発足し、専門医を育成するための議論が長く続けられてきました。当初は、平成29年度から一斉に新制度プログラムが動き出す予定でしたが、現時点では新旧のプログラムが混在しています。いまだ移行時期など未定とする学会もありますが、平成29年3月17日に「専門医制度 新整備指針」が発行され、平成30年度からの新制度プログラムへの完全移行が予定されています。

 

  • 新専門医制度 ②概要

(1)日本専門医機構が認定する専門医(以下、機構専門医)へは、学会専門医の更新年にしか移行できません。

(2)新制度において認定を行う場合、5年間で項目合計50単位の取得が必要です。

   各項目および内訳については、下記PDFファイル①をご確認ください。

(3)尚、平成29年9月22日時点で、下記5学会については、新制度への移行開始時期が未定となっております。

※移行開始時期が未定の学会

・日本内科学会、日本外科学会、日本皮膚科学会、日本脳神経外科学会、日本医学放射線学会

 

その他制度についての詳細につきましては、日本専門医機構にお問い合わせください。

 →(http://www.japan-senmon-i.jp/

 

  • 新制度への各学会の移行状況について

平成29年9月時点での移行状況一覧および平成29年10月16日(月)の専門医共通講習の単位の有効性については

下記PDFファイル②を御参照ください。

尚、新制度への移行状況についての詳細につきましては、各学会へお問い合わせください

 

【PDFファイル※随時更新】

290929up_暫定期間中の各学会必要単位一覧(PDF)

290929up_各学会の移行状況、単位有効性一覧(PDF)