宮崎県医師国民健康保険組合

10月から「マイナンバー(個人番号)」が届きます。大切に保管してください!

平成28年1月から、マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)によるマイナンバー(個人番号)の利用が開始されます。当組合は、個人番号利用事務実施者として位置付けられ、現在、諸規定の策定、システムの整備等について準備を進めているところです。

国民の皆様一人ひとりに対しては、平成27年10月から順次、「通知カード」がお住まいの市区町村から郵送され、12桁の固有のマイナンバーが通知されます。

マイナンバーは、年金、税金、雇用保険等の手続きに加え、当組合での各種手続きにおいても必要となります。皆様におかれましては、「通知カード」は大切に保管頂き、組合からの照会の際にはご協力を賜りますようお願い申し上げます。特に世帯を離れておられるご家族(国保法116条届出者)には、組合員の皆様からもご連絡ください。

マイナンバーに関する詳細は「社会保障・税番号制度(内閣官房)のホームページ」をご覧ください。(ホームページ内にあるFAQ(よくある質問)もご活用ください。)

「社会保障・税番号制度(内閣官房)のホームページ」

被保険者の皆様向けリーフレット(2015.9)

被保険者の皆様向けリーフレット(2015.5)