ホームへ 医師会の紹介 各種健診 各種予防接種 リンク集 医療の窓
各種健診のご案内

ホーム > 各種予防接種のご案内

   
こども予防接種 インフルエンザ 高齢者肺炎球菌


乳幼児・小中学生等対象各種予防接種


予防接種名 対象年齢 接種方法
三種・四種混合 T期初回 1回目 3ヶ月〜7歳半未満で
20日〜56日の間隔で3回接種
(標準的な接種年齢:3ヶ月〜1歳未満)
個別接種
2回目
3回目
T期追加 T期初回終了後、6ヶ月以上の間隔で1回接種
(標準的な接種時期:T期初回接種(3回)後、
1年〜1年半の間隔で1回接種)
二種混合 U期 11歳〜13歳未満
(標準的な接種年齢:小学校6年生 11歳)
不活化
ポリオ
T期初回 1回目 3ヶ月〜7歳半未満で
20日〜56日の間隔で3回接種
(標準的な接種年齢:3ヶ月〜1歳未満)
2回目
3回目
追加接種 T期初回終了後、6ヶ月以上の間隔で1回接種
(標準的な接種時期:T期初回接種(3回)後、
1年〜1年半の間隔で1回接種) 
麻しん
風しん
混合
T期 1歳〜2歳未満に1回
U期 小学校入学前年度の間に1回
(幼稚園・保育園の年長の年の4月1日〜3月31日)
日本脳炎 T期初回 1回目 6ヶ月〜7歳半未満で
6日〜28日の間隔で2回接種
(標準的な接種年齢:3歳) 
2回目
T期追加 T期初回終了後、6ヶ月以上の間隔をあけて1回接種
(標準的な接種年齢:T期初回接種(2回)終了後、
概ね1年おいて1回接種 4歳)
U期 9歳〜13歳未満に1回
(標準的な接種年齢:小学校4年 9歳)
BCG 1歳未満
(標準的な接種年齢:5ヶ月〜8ヶ月)
水痘 初回 1歳〜3歳未満
(標準的な接種年齢:1歳〜1歳3ヶ月)
B型肝炎 初 回

2回目

3回目
1歳未満(1歳の誕生日の前日)までに3回の接種を終了する。
(標準的な回数と間隔)
1回目の接種:生後2ヶ月以降
2回目の接種:1回目の接種から27日以上の間隔を空ける
3回目の接種:1回目の接種から139日以上の間隔を空ける
平成17年4月1日からはツベルクリン反応検査が廃止されました。
小学校入学前年度とは、小学校入学前の4月1日〜3月31日までとなります。
接種間隔の決まっている予防接種(三種・四種混合、日本脳炎、不活化ポリオ、水痘)は、接種間隔内に接種してください。
接種料金は無料(ただし対象年齢であること)

Hib(ヒブ)・小児用肺炎球菌・子宮頸がん予防(HPV) ワクチン接種について

予防接種名 対象年齢 接種方法
Hib(ヒブ) 2ヶ月以上〜5歳未満
接種開始年齢によって接種回数が異なりますので、接種スケジュール等はかかりつけ医等にお問合せください。
個別接種
小児用肺炎球菌 2ヶ月以上〜5歳未満
接種開始年齢によって接種回数が異なりますので、接種スケジュール等はかかりつけ医等にお問合せください。
個別接種
子宮頸がん予防
(HPV)ワクチン
小学6年(12歳相当)〜高校1年(16歳相当)の女子    ※3回接種
・サーバリックスを接種する場合
  (2回目:初回から約1ヶ月後、3回目:初回から約6ヶ月後)
・ガーダシルを接種する場合
  (2回目:初回から約2ヶ月後、3回目:初回から約6ヶ月後)
個別接種

           


予防接種指定医療機関はここから

↑トップページへ

インフルエンザ予防接種

対象者 ・・・・・・・・ 都城市民と三股町民
実施期間 ・・・・・・ 平成28年10月1日〜平成28年12月31日
接種費用・・・・・ 医療機関ごとに費用を設定
65歳以上の 都城市民・三股町民 1,400円
負担軽減・・・・・・ ・65歳以上の生活保護世帯は全額免除
  上記以外は2,800円を公費助成
実施医療機関 ・・ 予防接種指定医療機関はここから
※医療機関によって接種時間等が決まっていますので、必ずお問い合わせください。


↑トップページへ


高齢者肺炎球菌予防接種

対象者 ・・・・・・・・ 都城市民と三股町民
実施期間 ・・・・・・ 平成29年4月1日〜平成30年3月31日
接種費用・・・・・ 65・70・75・80・85・90・95・100歳の
都城市民・三股町民 2,500円
負担軽減・・・・・・ 該当年齢の生活保護世帯は全額免除
  上記以外は4,500円を公費助成
実施医療機関 ・・ 予防接種指定医療機関はここから
※医療機関によって接種時間等が決まっていますので、必ずお問い合わせください。


↑トップページへ