新型コロナウイルス感染症について

3/8 Update:〇感染対策・治療の「新型コロナウイルス感染症(Covid-19)病原体検査の指針第3.1版」(厚生労働省)を更新しました。
2/24 Update:〇感染対策・治療の「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き・第4.2版」(厚生労働省)を更新しました。
2/17 Update:〇診療・検査医療機関について・診療・検査医療機関リスト(他院や受診・相談センターから案内を受けた患者を受け入れ可能)※会員専用ページ(2/12)を更新しました。
 

〇ワクチン接種について

新型コロナワクチンの接種を行う医療機関へのお知らせ(厚生労働省)

【内 容】 
・実施に関する手引き ・接種委託医療機関となるには ・接種の準備 ・接種の実施 ・副反応疑い報告のお願い ・関連資料
 

 ・新型コロナウイルス感染症の予防接種について(医療機関、医師会向けページ)(日本医師会)

【内 容】
・厚生労働省による説明動画、V-SYSについて、手引き、契約関係、様式など
 

日本医師会新型コロナウイルスワクチン速報

 

(名簿ダウンロード)医療従事者等に対する新型コロナウイルスワクチンの接種について(宮崎県HP)

 

〇支援金・補助金について

<支援金(第2弾)について>

(令和2年度新型コロナウイルス感染症感染拡大防止・医療提供体制確保支援補助金)
令和2年度第3次補正予算案において、支援金・補助金が示されています。
 
①診療・検査医療機関を対象とした補助金:上限 100万円
 
②すべての医療機関が対象となる支援金:病院・有床診療所…25万円+5万円×許可病床数/無床診療所…25万円
 
診療・検査医療機関に登録されている医療機関は、①と②いずれか金額の高い方での申請となります。
それ以外の医療機関は、②をご申請ください。
 
第1弾の時と、申請方法や申請先が異なりますので、厚労省ホームページをご確認の上、お申込みください。
 
※申請書はこちらから(厚生労働省ページ)

申請締め切り:令和3年2月28日まで

 
(問合せ先)

厚生労働省医療提供体制支援補助金コールセンター

電話:0120-336-933

受付時間:午前9時30分~午後6時、土日祝日は除く

 

<支援金(第1弾)について>

(医療機関・薬局等における感染拡大防止等支援事業)

申請締め切りが令和3年2月末日まで延長されました。

下記リンク先より、内容を確認いただき、ご申請ください。
宮崎県新型コロナウイルス感染症特設サイト
  →※主な改訂内容
 p.37  院内感染によりクラスターが発生した医療機関について、
   都道府県が認めた期間に限り重点医療機関の空床確保の補助対象とする際の考え方
 
「宮崎県新型コロナウイルス感染症慰労金・支援金コールセンター」
  • 電話:0985-68-3148
  • 受付時間:午前9時~午後5時、土日祝日は除く

〇診療・検査医療機関について

 具体的な取り組み方法やケース別の補助金の試算が記載されています。

発熱外来診療体制確保支援補助金の申請にかかる日本医師会への交付申請書等作成依頼書のご案内等について(日本医師会)

・令和2年度インフルエンザ流行期における発熱外来診療体制確保支援補助金に関するQ&A(第2版)

PCR検査、抗原検査に関する集合契約について(別ページへリンク)

次のインフルエンザの流行に備えた「診療・検査医療機関」の設置に係る各医療機関の発熱患者の受診体制の確認について(会員専用ページ)

電話や情報通信機器を用いた診療に伴う新型コロナウイルス感染症の感染者の取扱いについて

〇妊産婦寄り添い支援事業について

〇休業補償、医療従事者支援制度について

・新型コロナウイルス感染症対応日本医師会休業補償制度

・新型コロナウイルス感染症対応医療従事者支援制度

〇PCR検査、抗原検査に関する集合契約について(別ページへリンク)

〇新型コロナウイルスに関する自治体・医療機関向けの情報一覧(厚生労働省)

医療機関向け(通知・事務連絡)

診療報酬について こちらをご覧ください。(情報が増えたためページを移動しました)

〇県民の皆さまへ

「新型コロナウイルス感染症かも」と思われた場合には、直接医療機関に行くことは避け、まずかかりつけ医にお電話してください。
こちらをご覧ください。(県医師会「県民の皆さまへ」)
 新型コロナウイルス感染症拡大による「医療崩壊を阻止するため」の県民の皆様へのお願い

〇新型コロナウイルス感染症に関する総合的な情報

 

〇相談窓口

〇新型コロナウイルスに関するQ&A(厚生労働省)

企業の方向け(産業医の先生はご参照ください)

 〇感染対策・治療

  →第4.2版の<主な改訂部分>
・5ページ「1.病原体」に、新規変異株ついて追記
・13 ページ 「3.重症化のリスク因子」に、重症化マーカーについて追記
・18 ページ「【小児の川崎病に類似した症状との関連】」を修正・追記
・29ページ「1.重症度分類」の表の「臨床状態」欄を明確化して追記
・30 ページ「2.軽症」に、silent hypoxiaについて追記
・31ページ「【中等症 呼吸不全あり】」を修正・追記
・37 ページ「【レムデシビル】」の記載を添付文書に併せて改訂
・40ページ「2.日本国内で入手できる薬剤の適応外使用」について、現時点での新た な知見を踏まえて追記
 
 →※主な改訂内容
 ・唾液検体の採取について、施設等において無症状者に対して幅広く実施する場合の採取方法に関する記載を修正。
 
「今冬のインフルエンザと COVID-19 に備えて」(⼀般社団法⼈⽇本感染症学会 提⾔)
・「COVID-19 に対する薬物治療の考え方 第6版 」(一般社団法人日本感染症学会)
・「症例報告」(日本感染症学会)

 県医師会FAXニュース(会員専用ページ)  

ポスター・掲示物

県民向けの周知ポスターです。医療機関にご掲示ください。

〇運転資金の融資に関する情報

 
 
 
 問合せ先:宮崎県信用保証協会(業務部(0985)24-8253)

〇その他

県医師会等主催研修会・講演会の中止について

新型コロナ時代の避難所マニュアルについて