宮崎県医師国民健康保険組合

保健事業

健康診断

健康診断助成事業を実施しております。
費用は組合が全額負担いたします。年に1回は健康診断を受けましょう。(自院でも実施できます。)

※この健康診断は特定健康診査も兼ねております。

対象者

次のいずれかに該当する被保険者の方々です。(対象者には年度初めに、氏名を記載した「健康診断個人票」をお送りします。)

  1. 組合員・高齢組合員及びその配偶者
  2. 4月1日現在加入者で、年度中に40歳になる方~74歳の方(75歳になる方は誕生日の前日まで)

実施機関

  1. 各地域の健診機関並びに医療機関(自院で実施されても請求可能です。)
    直接予約の上、受診してください。
  2. 宮崎市郡医師会成人病検診センター
    1. 平日および土曜日(午前のみ)…予約は検診センターへ(TEL:0985-52-5111)
      ※子宮頸がん検診は、原則、火・木・金曜日の午前中です。
      但し、2・3月はこの限りではありませんので、検診センターにご確認ください。
    2. 日曜日の集団健診(下記の日程)…予約は当組合にご連絡ください。(TEL:0985-22-6588)
      年明けは希望者が多くお断りすることもございますので、早めの受診をお勧めします。

      平成30年 9月9日(第2日曜日)

      定員各30名
      子宮頸がん検診は不可

      10月21日(第3日曜日)
      平成31年 1月20日(第3日曜日)
      2月3日(第1日曜日)
      2月17日(第3日曜日)
      3月3日(第1日曜日)

実施期間

平成30年4月1日から平成31年3月末日まで(年1回)

検査項目等

同封の「健康診断個人票」にてご確認ください。(一部実施も可)

請求方法等

  1. 健康診断個人票の範囲内で当組合が費用を負担いたします。実施機関が、個人票に結果を記入の上、裏表紙の請求書にて組合に請求してください。(郵送または窓口にご持参ください。)自院で実施された場合は、個人票の質問票、健診結果及び請求書欄をご記入・ご捺印の上、組合に請求してください。
  2. 労働安全衛生法に基づく健康診断(事業主健診)を実施された方でも、個人票の質問票及び健診結果を記入し提出していただきますと当組合で費用を負担いたします。
注意
胃・大腸内視鏡検査を実施された場合は、当該検査にかかる費用を一旦全額自己負担していただき、後日組合にご請求ください。
保険診療で実施した場合の自己負担額にかかる分は対象外です。詳しくは次項をご覧ください。

胃・大腸内視鏡検査

胃・大腸内視鏡検査の補助事業を実施しております。ぜひご利用ください。

対象者

次のいずれかに該当する被保険者の方々です。

  1. 組合員・高齢組合員及びその配偶者
  2. 4月1日現在加入者で、年度中に40歳になる方~74歳の方(75歳になる方は誕生日の前日まで)

検査内容及び補助金額

  1. 胃内視鏡検査   15,280円
  2. 大腸内視鏡検査  21,790円
    ※年度内にそれぞれ1人1回、上記金額を上限として実費を補助します。

実施期間

平成30年4月1日から平成31年3月末日まで

請求方法

各自予約・実施の上、支給申請書に領収書を添付し組合に申請してください。
胃・大腸内視鏡検査補助金支給申請書のダウンロード

注意
保険診療で実施した場合の自己負担額にかかる分は対象外です。