新型コロナウイルス感染症について

〇「新型コロナウイルス感染症受診・相談センター」(24時間対応)

県内どこからでも同じ番号でかけられます。
電話番号 0985-78-5670
※ 聴覚に障がいのある方や、音声による相談に不安のある方
FAX:0985-44-2616(FAX相談票は県ホームページから入手可。)

〇新型コロナウイルス感染症かもしれないと思ったら

1.まずは、かかりつけ医にお電話にてご相談ください。
2.かかりつけ医が無い方は、「新型コロナウイルス感染症受診・相談センター」にご相談ください。
 
最もよくある症状:発熱、空咳、倦怠感 
時折みられる症状:痛み、喉の痛み、下痢、結膜炎、頭痛、味覚または嗅覚の消失、皮膚の発疹、または手足の指の変色
重篤な症状:呼吸が苦しいまたは息切れ、胸の痛みまたは圧迫感、言語障害または運動機能の喪失
 
 
※症状が軽度であり、他に疾病がない人は、宿泊療養または自宅療養を行うことがあります。 
※ウイルスに感染してから症状が現れるまでの期間は平均 5~6 日ですが、長い場合は 14 日程度までかかることもあります。

〇妊婦の方へ

希望する妊婦の方は、1回のみ無料で新型コロナウイルスの検査を受けることができます。
まずはかかりつけ医にご相談ください。
 
県内に居住(里帰り出産も含む)し、新型コロナウイルスの感染が確認された方のうち支援を希望する方が対象です。
不安軽減のため助産師などが支援を行います。
かかりつけ医に相談、または管轄の保健所までご連絡ください。

〇お子さまをお持ちの方へ

小児については、小児科医による診察が望ましく、かかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。
また、乳幼児健診や予防接種などは極力時期を遅らせないようにご注意ください。

(厚労省HP)遅らせないで!子どもの予防接種と乳幼児健診

〇相談・受診の前に心がけていただきたいこと

  • 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。
  • 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。
  • 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話で御相談ください。

〇医療機関にかかるときのお願い

  • 複数の医療機関を受診することはお控えください。

etarai seki

〇保護者の方へ「児童・生徒等の運動器の健康と運動器検診について」

日本整形外科学会等から、学校閉鎖やそれに伴う定期健康診断の中止、延期などにより、
子どもたちへの健康、特に運動器の健康に関して一層留意するよう「保護者へのお願い」が公表されています。
 
内容:「運動器(骨・筋肉・関節など)に異常があるのではないか」「自宅での生活が長引く場合」「運動不足への対策」
また、スポーツ庁ホームページでは、家庭でも楽しみながらできるスポーツや運動なども紹介されています。
ご家族いっしょに楽しみながら運動を行ってください。

〇新型コロナウイルス感染症に関するホームページ

・日本医師会「国民の皆様へ